【朝活+アロマ】キンモクセイの香りに包まれ、癒しの朝散歩でアロマテラピー体験

朝さんぽ

アロマセラピストのアマカです。

9月も半ば、まだまだ昼間は暑いですね。

でも早朝6時の東京はヒンヤリ空気で半袖では肌寒い。

今はちょうど良い季節。朝散歩を始めるのにおすすめです。

今朝の朝散歩はキンモクセイの香りに癒されました。

朝活しながらアロマテラピーです!

アロマテラピーとは?

アロマテラピーって今では誰でも知っている言葉だけど

意味はなんでしょう?

アロマ(aroma)  = 芳香

テラピー(therapy) = 療法

アロマテラピー =芳香療法

例えばレモンの香りで、気分がリフレッシュしたり

お花の香りで癒されたり、香りによって心と体に働きかけるのがアロマテラピー。

アロマテラピーは、

一般的には植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使った自然療法のこと言います。

アロマテラピーの由来

1915年、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォゼが実験中に爆発事故で手に火傷を負いました。

そこで、実験室にあったラベンダーの精油に手を浸したところ、火傷の治りが早かったそうです。

それをきっかけにガットフォゼは精油の研究に没頭し、「アロマテラピー」という言葉を創り出しました。

そして1937年に著者「aromatherapie」を発表し、アロマテラピーは世界に広がったのです。

ちなみに「アロマテラピー」はフランス語で、「アロマセラピー」は英語です。

朝散歩でアロマテラピー体

アロマテラピーって難しそう、なんだかオイルってお金かかりそう。

そう思っている人いませんか?

エッセンシャルオイルやディフューザー、オイルなどを用意しなくても

アロマテラピーを体験できる方法はありますよ。

まずはシンプルに香りを楽しみましょう!

最近私は、玄関を開けると、どこからともなくキンモクセイの香りが

ふわ〜っと香ってきて、自然と笑顔になってしまいます。

朝散歩に行く道や公園の中でもキンモクセイが香って、癒されます。

公園では何本ものキンモクセイの木を見つけました。

オレンジ色の小さなお花がかわいい。

自然の花の香りで癒される。

これこそ自然のアロマテラピー。

キンモクセイの精油(エッセンシャルオイル)は抽出が難しい為、

かなり高価でなかなか手が出ません。

ですから、散歩しながらこの香りを思いっきり楽しんでいます。

秋が深まればローズの香りも楽しめます。

季節ごとのお花の香りを楽しむ!

という目的や理由を作って朝活を始めるのもおすすめ。

キンモクセイの香り

精油:キンモクセイ(別名/オスマンサス)

科名:モクセイ科

主な産地:中国

香り:フローラル系 濃厚な甘い香り

サポート:心身の緊張をほぐす、リラックス

香りは好き嫌いがあるので、感じ方はそれぞれ、

私はこの香りで癒されれつつも、ワクワクも感じます。

お金をかけなくても、散歩しながらアロマセラピーを体験できるんです。

キンモクセイは住宅街でもよく香ってくるので

通勤や買い物、近所へのお出かけにちょっと香りに意識してみてくださいね。

お家でもアロマテラピー

香りは嗅覚から脳へ伝わります。

朝散歩でお花の香りやに癒されたり、

コーヒーや美味しいパンの香りで気分がアップしたり、

香りによって一瞬で一「快 or 不快」を感じるのは

嗅覚が感情と繋がっているからです。

香りを上手に使って、ココロのリズムを整えれば

夜もぐっすり、そして朝早く起きられるように!

散歩でお花の香りに癒されたら、お家でもアロマテラピーしたくなるでしょう。

まずは精油を1本購入することをおすすめします。

店頭で色々香りを嗅いでいるとわけわかんなくなくなっちゃうので・・

最初はオレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系がおすすめです。

柑橘系なら、香りを試さなくても知っている香りなので、ネット購入でもOK。

まずは、テイッシュに一滴垂らして部屋に置いてみてください。

それだけで香りが広がり、別空間に感じられますよ。

アロマテラピーが気に入ったら、徐々に精油を増やしたり、ディフューザーを購入したり

アロマスプレーを作ったりと、どんどんアロマテラピーの楽しみが広がってきます。

朝散歩では虫が嫌がる精油で虫除けスプレーを持っていって、自分にスプレーしています。

アロマテラピーは様々な場面で活用できるのです。

精油も色々あるので試してみると楽しですよ。

ローズやキンモクセイは散歩でアロマテラピー。

部屋でも香りに癒されたい時は精油を使って、お家でアロマテラピー。

このように日常生活にアロマを取り入れ、心と体のバランスを整えてみませんか。

朝から自然の香りで癒されると、その日一日をハッピーに過ごすことができますよ!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました