【東京大仏】徳川将軍のお休み処「常蓮寺」と植物園を巡る秋分の日の朝さんぽ

朝さんぽ

こんにちは、朝さんぽのアマカです。

秋分の日は昼と夜の長さが同じになる日と思っていたら、

実際は昼の方がちょっと長いそうです。

今年の秋分の日は天気も良くて、朝から汗ばむ暑さ、

それでも秋の空気を感じるさんぽ日和となりました。

600年の歴史を持つ将軍のお休み処「東京大仏・常蓮寺」

休日の朝さんぽはちょっと遠出をして、いつもと違う場所に行くのも楽しいです。

板橋区の東京大仏(常蓮寺)に行きました。

東京にも大きな大仏様がいらっしゃるんですよ!!

東京大仏(常蓮寺)

宗派は浄土宗、御本尊は阿弥陀如来。

寛保3年(1743)に将軍吉宗が鷹狩の際に雨宿りしたのが縁となり、

それ以降将軍家の鷹狩の小休所、御膳所となりました。

御膳所とは将軍が鷹狩りの際に昼食をとったりする休息所のことだそうです。

600年の歴史もち、徳川将軍のお休み処となった格式のあるお寺なんです。

お寺の入り口には閻魔堂があり、中を覗くと閻魔様がいらっしゃいます。

ぜひこちらもお立ち寄りくださいね。

そして階段を上がって、境内へ。

右手には大仏様がいらっしゃいます。

こちらの大仏様は阿弥陀如来

1977年に完成した時は、日本で三番目に大きい大仏でした。

「天災」や「戦災」が二度と起きないようにとの願いが込められているそうです。

力強いお姿と穏やかな表情を見ていると、心の平和を感じます。

「世界が平和でありますように」心の中で祈りました。

本堂と大仏様を参拝し、境内をさんぽ。

池には見事な鯉が元気よく泳いでいます。

しばらく池を眺めていると、「平和だなぁって」気持ちに

なんだかこの場所癒される。

大仏様を見て帰るだけではなく、裏手の方も歩いてみてくださいね。

七福神が一列に並んでいる場所があるんです。

なんとも縁起が良いですね。

大きな大黒様も別の場所で微笑んでいます。

なんだか私まで自然と笑顔になってしまう。

もう運気アップ↑運気アップ↑

そしてちょうどお彼岸にふさわしい、彼岸花。

お寺に似合うお花です。

大仏様と大黒様から大きなパワーいただいた気分。

東京大仏へのアクセス

 東京大仏(常蓮寺)アクセス

池袋から東武東上線に乗り、下赤塚駅下車。

駅の改札を出て、ひたすら「赤塚中央通り」をまっすぐ歩きます。

約20分ほどで到着。

東京大仏の後は赤塚植物園で植物に癒される

こちらのお寺のすぐ近くには

板橋区立赤塚植物園あります。嬉しい入園無料。

大仏パワーを受けた後は、植物を眺めてさらに癒されます。

植物園は前に来た時より、キレイなっている!

ウェルカムセンターとみどりの学習室がリニューアルしたようです。

学習室はちょっとした図書館のようになっていて

帰りに私も立ち寄って、椅子に座って植物の本を読ませてもらいました。

こういう場所があるっていいですね。一人でフラッと来るのも良さそうです。

植物園は季節のお花が咲いていて、日本庭園もあります。

階段を登った上にはちょっと広場があって、ベンチもあるので

ゆっくり休憩もできますよ。

桜の季節なんかすごく良さそう!

植物園のお隣には万葉・薬用園があります。

こちらも彼岸花がたくさん咲いているんですけど

だいぶ見頃が終わったお花が多かったです。

東京大仏の彼岸花はまだまだ見頃だったんだけど?

お寺の何かパワーとかあるのかな??なんて思ってしまいました。

この植物園はさらに農業園というのもあって

このエリアではハーブや野菜が育っています。

どこか郊外にでもきたような雰囲気。

青空も広がり、夏みたいで、気持ちいい。

こんな朝散歩もたまにはいいな。

東京の名泉・赤塚不動の滝

このまま帰ろうと思ったけど、

駅とは反対にもうちょっと先に行ったら何があるかな?

なんとなく呼ばれるように歩き始めると・・・

赤塚不動の滝という看板が見えました。

東京大仏からすぐの場所です。

実は私、深川不動尊や目黒不動尊など、不動明王が好きで不動尊巡りをしているんです

なので、不動の滝行ってみたい!と興味を持ちました。

それにしてもこんな場所に滝??

と思ったら、すぐに滝が現れました。

水も流れている!

しかも滝の上には小さなお不動様がいらっしゃいました。

だから不動の滝と呼ばれているんですね。

こちらのお水は東京の名湧水57選にも選ばれた名水で、

ここは昔大山詣りや富士詣りの人々が、

滝にうたれ心身を清めるみそぎ場でした。

みそぎの場所だとは。。。確かにそこだけ、違う空間のようでした。

私も滝に手だけつけて、心身浄化。

不動明王様にも手を合わせました。

この滝よりもうちょっと先にも緑で囲まれた場所があったので、

汗かきながら、もう少し歩いてみることにしました。

そこには池があって釣りをしている人がたくさんいました。

そして山を登るような階段があって、上に上がると

何もない・・・

その場所は赤塚城本丸跡でした。

今では何もない場所だけど、昔はお城があったんですね。

この近くには美術館、そして公園もあり

自然豊かな場所。東京とは思えないほどのどかな雰囲気。

遠足気分で楽しい♪ 次回は板橋美術館にも立ち寄りたい。

そして赤塚城本丸跡の横には見事な梅園がありました。

梅が咲いたら素敵だろうな。

来年の梅の時期には絶対に観にこよう!

楽しみが増えた、板橋さんぽ。なかなか面白い。

東京大仏、植物園、赤塚不動の滝、赤塚城跡、梅園

結構盛りだくさん!

今まで東京大仏と植物園には何度か来たことはあったけど

その先を歩いたのは今回初めて。

いつもの近所の公園散歩とは全く違った

知らない場所を開拓できるのも、さんぽの楽しみ。

不思議だったのは

いつもならこのくらいの距離を歩いても疲れないのに

今回は帰宅後、すごい睡魔に襲われ深い昼寝をしてしまいました。

スイッチがOFFになったような感覚。

私普段は昼寝ってほとんどしないんですよ。

不動の滝の水を触ったことで、浄化作用???秋分の日?が関係しているのかな?

とか目覚めた後、思っていました。。

暑かったので、まぁ、ただの疲れなんでしょうけどね。

季節の変わり目、私自身お休みが必要だったのかもしれないです。

とにかく、いつもの公園散歩とは違った歴史を感じる朝さんぽでした。

東京には、まだまだ知らない場所がたくさんあります。

休日の朝さんぽではいつもと違う場所に行って新しい発見をするのもおすすめ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

では、素敵な1日を。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました